2006年05月22日

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(13) 2006/04

2月3月は買ってません
ということで、いきなり4月にワープ

ニコイチ(1) 金田一 蓮十郎

ゆびさきミルクティと同じジャンルの作品です。
金田一 蓮十郎さんは、「ジャングルはいつもハレのちグゥ!」の作者。
ギャグが持ち味ですが、結構いい感じの話に仕上がってます。
子供の明るさがまたいい感じです。
でも、主人公ちょっときれいすぎ。これはありえない気がする。

だって愛してる むんこ

最近、4コマ界で人気のむんこさんの単行本
よくできた(けど凶暴な)奥さんと、売れない酒びたりの小説家の夫婦もの4コマ。
こういう話で暗くならないのは話の作り方がうまいのか、それとも絵柄のせいか。
おすすめ。

2月3月は買ってません
ということで、いきなり4月にワープ

ニコイチ(1) 金田一 蓮十郎

ゆびさきミルクティと同じジャンルの作品です。
金田一 蓮十郎さんは、「ジャングルはいつもハレのちグゥ!」の作者。
ギャグが持ち味ですが、結構いい感じの話に仕上がってます。
子供の明るさがまたいい感じです。
でも、主人公ちょっときれいすぎ。これはありえない気がする。

らいか・でいず(3) むんこ

で、むんこさんこっちのほうがたぶん有名な作品。
面白い話もほろりとする話も、キャラ立てと話作りと絵柄、すべての賜物だと思う。
これもお勧め。


買ってる漫画が少ないんじゃなくて、たぶん書店による暇ができたからamazon比率が下がってるんだと思われ。
posted by ikutana at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(12) 2006/01

なぜか、2005年の11月,12月とamazonで漫画買ってません。何でだろう。鬱か?


げんしけん 7
あいかわらずのオタク漫画ではありますが、この巻では荻上と笹原の恋愛に焦点が当てられています。
(もともと、カップル自身は現視研内にも二組あったのでそういう意味では別に真新しくはありません)
やはり、これは荻上のキャラクタの立て方が一番重要なのではないかと思います。
すなわちツンデレをどう料理するか。ですね。

一応、遅いながらも学年が進んでいるようなので、この作品そんなに長くは続かないかもしれません。



新吠えろペン 3
映画編と英雄復活編そして、富士鷹ジュビロ^H^H^H^H^H^H^H藤田和日郎との合作漫画が掲載。
アシスタント選定編があっさり終わっちゃったのは残念だなぁ。書いてる途中で収集つかなくなっちゃったんだろうか。


こどもの時間 1
いろいろと噂になってる作品ですが...
実は作者買いだったりします。
ふだんよく読む4コマとは作風違いますが、小学生3人組の関係がなかなかいい感じに書けていて続きが楽しみです。
小学生って実際あんな感じ(の子もいる)だな?? とおもいますです。


ラディカル・ホスピタル10
よく続いてるけど、勢いが落ちないな??
ということで今更書くことないかもしれません。
この巻はたぶん、新人(瀬尾君)が出てくるところですが、うまい具合に世界になじんでいます。


夫婦な生活 8
これも、いまさら書くことはないかも(w
特に新キャラがでるわけでもなく、ツマはあいかわらずへっぽこで...
それでいて飽きないのは謎ですね。特に新しい設定が出てきたりとか言うのはないはずですが。


ねこまんが 3
だらだらした日常日記漫画。
ここで、だらだらしたというのは「日常」ではなく、「漫画」にかかってます(w
渋谷ガーディアンガールズの絵とは気合いの入り方が違います。
が、それ故の雰囲気があるというのもまた確かな話です。

ねこまんがというタイトルですが、猫はあんまりでてきません。主に擬猫化された作者本人が主人公の話です。


辣韮の皮―萌えろ!杜の宮高校漫画研究部 (4)
オタクを扱った4コマ漫画です。げんしけんよりは(話題の)対象年齢が高めな感じです。
作者(阿部川 キネコ)はエキセントリックなキャラクタを描かせると天下一品ですが、この作品でもその能力は存分に生かされています。
posted by ikutana at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(11) 2005/10

というわけで、ようやく今月に追いついた(w
また、半年後ぐらいにまとめてやるつもりですが:-)


家族のそれから
おおきく振りかぶって
を読んで買ってみた。後ろの「ヤサシイワタシ」も同様。ひぐちアサ先生の作品。
表題作もさることながら(高校生男子の気持ちの動き方がわりとリアルだと思う。)
なによりもデビュー作がすごいと思いました。これはいい意味でプロになってからは描けないと思う。
おおきく振りかぶってにもあるBL的要素の基本部分はここら辺にあるのかもしれません。


ヤサシイワタシ 1 (1)
ヤサシイワタシ 2 (2)

わりとややこしい存在の先輩との(ちょっと面倒な)恋愛話。
と思って読んでいて2巻の第9話での展開にびっくりしました。その後は(その前からもだけど)かなりの鬱展開。
この作品を読んでいて思い出したのが、かの松田新平君なのでした。
彼が亡くなった後の自分が持った感情みたいなのをうまく表現されたような感じです。
おおきく振りかぶってとはぜんぜん違う感じですが、これはこれで名作だと思います。
posted by ikutana at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(10) 2005/8

夏休みだけど休みはほとんどなかったです(w
なぜかこの月は2冊。(Amazon以外でも買ってるので、この一冊しか漫画を買ってないわけではありません。)


おうちでごはん 1 (1)
いい人しか出てこない&料理漫画といえばクッキングパパですが(笑)
この作品も同様です。が料理が割りとおいしそう&絵がおしゃれという点はぜんぜん違います。
一度この作品に出てきたメニューを食べてみたいところです。


ちぇんじ!~ちがうワタシになれたなら
入れ替わりもののオムニバス作品。表題作が結構読ませます。
少女漫画らしいといえばらしいんですが、最初のほうの何気ない描写が伏線だったりして、
わりと何度も読んで楽しめる作品になっています。
単なる男女入れ替わりドタバタコメディと(買ったときには)思っていたので、いい意味で期待を裏切られました。
posted by ikutana at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(9) 2005/7

なんか4コマ漫画ばっかりな月。

おねがい朝倉さん 5
朝倉さんの性格がいいです。
っていうか、この作者さんの各主人公はだいたいみんな気配り上手な人だったりします。
作者の性格が出てるのかもしれません。


かわいいや
「注文の多い料理店」ならぬ、「足の多いファンシーショップ」
竹本泉先生らしい作品です。4コマ誌でどう4コマを描くかというのをここまで苦労した作品も珍しいかもしれません。
形態的にも分析してみると面白いかも。うじゃうじゃ


ひがわり娘 4 (4)
4コマ王子 小坂俊史先生の作品。
ヘタレ主人公を書かせると天下一品ですが、なかでも毎回シチュエーションを変えつつ(キャラクタ設定も変えつつ)
毎回笑える作品を作るのは力量としかいえないと思います。
これもお勧め。


まい・ほーむ 1 (1)
らいか・でいずのむんこ先生の作品
わりと女の子キャラクタで評価を受けている方ではありますが、どちらかというと
「親父」キャラクタに味があります。これは全作品に共通して言えると思います。
その中でも、この作品が一番強烈な設定であるともいえます。
この作品が一番作者らしさが出ているのかもしれません。


エン女医あきら先生 8 (8)
ストーリーちょっと引き伸ばしすぎだと思う。
絵はよりいっそうこなれているだけに残念。
毎回はそれなりに面白く読めるんだけど、まとめて読むとそういう感想になってしまうかも。


少女少年 7 (7)
小学六年生に連載されていたやぶうち優先生の作品ですが、
毎年リセットされるとはいえ、話に目新しさが薄れていっているような気がします。
そういう意味でちゃお連載の「少女少年 Go Go Ichigo!」への展開はよかったのかもしれません。
まあ、良くも悪くもこれが最終巻(のはず)


新吼えろペン 2 (2)
1巻は映画化関連のネタが多かったですが、2巻は新アシスタント募集がメインになってます。
あいかわらずのノリで読ませてくれます。
過去の島本和彦先生にはなさそうなキャラクタが出てるので、
新境地なのか無理をしているのか、はたまたどちらもなのかはわかりませんが、
ちょっと読んでてはらはらします(w


西荻夫婦
mixiで書評を読んで買った本。がなんか微妙にあわない。なんでだろう。
西荻窪という街にはちょっと思い出があったりするわけですが、ちょっと知っているところが場面に出てるのは懐かしい感じがしました。
posted by ikutana at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(8) 2005/5

ちょっとスタイルを変えてみた。


もやしもん 1 (1)
イブニング連載作。菌が肉眼で見える青年を中心とした、農大の日常が描かれている。
なによりも教授のキャラクタが面白いと思う。理系学生(元含む)が読めばいろんな意味で納得するんじゃないだろうか。
お勧め。うちのツマも気に入ってます。



逆境ナイン 5 (5)
映画化されたということで再編集版の出た逆境ナインの5巻。
本当は6巻の限定版を予約しようとしてAmazonをさまよったものの、まだ予約開始していなかったのでとりあえず5巻だけ注文。
のちのこれを忘れて5巻を購入してしまうという悲劇を演じる(w
逆境ナインの中ではわりとおまけ的な甲子園エピソードの巻になります。
面白いんだけどなぁ。映画では丸々使われてませんでした。続編は出ないかな。どうだろ。


週刊石川雅之
もやしもんにあわせて買った一冊。
漫画読みとしてこの作品を読めたことを感謝したい。
実にモーニング系らしい作品といえなくもないと思うが、この笑いは大人の笑いだと思う。
オムニバス作品ではあるがどれもはずれがない。お勧め。
posted by ikutana at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(7) 2005/4

ちょうどダイエットはじめたころ。

アニメ店長 1
さほど期待はしていなかったのですが、楽しめました。
アニメイトの店長なのに、ちゃんと島本和彦的に熱血してます。

アニメイトが西と東で別の会社だということを初めて知りました(w

委員長お手をどうぞ 1
共産党とかじゃなく、学級委員長とか保険委員長とかそういう人の話。
委員というくくりで話が作られていますが一話完結で毎号別のキャラクタが主人公をやってます。このさきどうなるんでしょうか。
さわやかに、ほのぼのと読めます。



この2冊、えらく対照的だな。
posted by ikutana at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(6) 2005/2

論文発表一件終わって、まったりしてたころ。

監督不行届
安野モヨコからみた夫としての庵野監督の観察日記。
おたくとはこうありたし。

ゆびさきミルクティー 4
わりとありがちな高校生の恋愛物語にならないのは、やはり主人公の
「女装」という属性のせいかもしれません。
わりと繊細な線で描かれてます。

ただ、毎回話がぶつぶつ切れてます。
あんまり先のことを考えずに毎回話を考えているんだろうなぁ。
posted by ikutana at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(5) 2005/1

いきなり、正月からAmazonで買い物かよ、おめでてーな>自分

けっこうなお点前で

芳文社トップエースの一人大乃元初奈の作品。
女性向けに描かれた作品で、恋愛メインの話です。
この方は、わりと「気配り」を描くのがうまいです。

しあわせのトリコ 1
OLもの。いい感じのデフォルメで、かわいい感じのキャラクタです。
これもほのぼの系。恋愛とかまったく入ってません。


スーパーOLバカ女の祭典 4

これもOLもの。ですがぜんぜん違います。
ハイテンションギャグ系というのが一番近い表現です。
ホノボノ感は皆無ですが、爆笑は誘われます。


ラディカル・ホスピタル 8

芳文社トップエースの一人ひらのあゆの作品。
医療もの4コマはわりとあるんですが、個人的にはこれが一押しです。
ほのぼの、笑い、感動全部兼ね備えた作品です。ぜひ買うべし。
posted by ikutana at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(4) 2004/10

30Girl.com
日立の看板娘(ほんとかよ)リリコさんの4コマ漫画。
http://www.30girl.com/
でも、読めます。
実は、この双葉社版の後で、白泉社版が出てます。そっちのほうがお勧め。

Pinky:st 2
イージーなフィギュア Pinky:stのアンソロジー。
キャラクタとして生きているうえに、フィギュアのギミックがそのままだったりするあたりが、面白いですが、
やはり、Pinky:stは組み替えて自分のキャラクタを作るのが面白いので、
そういう意味で、公式キャラクタメインのアンソロジーは微妙かもしれません。

Re:アイシテル

一般には「あずきちゃん」で知られている木村千歌先生。
某ネットのオフ会でお会いしたことがあります。

で、この作品ですが、近年の作品群と同様にいまどきの20代(前半くらい)の
恋愛がうまく描かれています。なんというか、現実離れしていない、身近な感じのする話です。
らいか・デイズ 1
まんがタイム系で広く連載されている小学生4コマです。
結構ほのぼのしてていい感じです。おすすめ。

会計チーフはゆーうつ 5
これも、まんがタイム系。
1巻から買ってます。割と細やかな感情とかの描き方がうまいと思う。
お勧め。

影ムチャ姫 1
まんがタイムきらら連載。
きららの鬼子のひとつ。作品は面白いです。
ただ、きららの雰囲気には合ってないような気はする。
毒の先生のキャラがなかなか素敵です。

派遣です 4
派遣社員もの4コマって割と定番です。
この作者(おおた 綾乃)はわりとやわらかい線を描く人です。
もともと少女漫画系だったみたい。これもほのぼのしてていい感じです。

派遣社員松島喜久治 5
これも、派遣社員もの4コマ
ただし、タイトルからわかるように主人公は男です。おっさん。
でも、これもいい感じのお話です。ちょっとシビアな話もあるけど。
主人公の奥さんのキャラクタがなかなかいいです。
posted by ikutana at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(3)

2004/10



ケロロ軍曹 (10) 【初回完全限定版】パワード夏美パック

限定版じゃないやつは、

ケロロ軍曹 (10)

から買えます。

けっこう、クライマックスか?という展開の10巻。
作品中に出てくる、夏美のパワードスーツ仕様のフィギュアがついてきます。
なんと、カトキハジメデザイン。
箱もガンダムFIXのパロディになってます。
フィギュアのほうも、ガンダムFIXと同じく、組み換えでスクール水着に。
よく出来てます。
posted by ikutana at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(2)

2004/4
この月は1冊だけ。
(大学院入学時期なので、多分それ系の本をいっぱい買ってます。そのタイミング一緒に買ったやつだと思われ)

トニーたけざきのガンダム漫画


ギャグがさえている上に、安彦良和と絵がそっくりです(w
ガンダムエースでも一番面白い漫画のひとつだと思う。

「超量産型モビルスーツ。 サクサクかけるから、サク!」
大爆笑です。
posted by ikutana at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonの過去ログからたどる買った漫画の書評(1)

2004/1
R.O.D.3―READ OR DIE (3)
R.O.D.4―READ OR DIE (4)
「紙使い」読子・リードマンのお話。
OVAを初めて見たので読んでみました。
割と面白いのですが(普通のマニア向けコミックっぽい話の流れでした。)
OVAはわりとアクションのよさってのもあって、漫画にはそこら辺はあんまり感じなかったです。
まあ、はずれではない。と思う。


僕は妹に恋をする 1
僕は妹に恋をする2
僕は妹に恋をする3

ちょうど、このころ「恋風」とか、兄妹の近親相姦ものがはやってたのでした。
これは少女漫画のそういう漫画です。
お兄ちゃんは、少女漫画に出てくる男主人公らしく、イケメンなわけですが、
ガンガン妹にてを出します。こんなガツガツしてるやつぁ普通はもてないと思うんですが、
少女漫画的には、イケメンであればすべてが許されるようです(笑)
実は続き買ってません。
そういえば、アニメ化されたんだっけ。
posted by ikutana at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

4コマまんが プレレビュー (2005/09)

2005年9月に発売される4コママンガについてのプレレビュー
*アンソロジーは入ってません。
*4コママンガがメインの作品を扱います。一部だけ4コママンガの形式を取るものは
基本的には入っていません。
*漏れがある可能性があります。
*個人的な感想コミですので、気を悪くしないでください。

>2・まんがタイムコミックス 〈芳文社〉
> おねがい朝倉さん 5 [大乃元初奈] 600

個人的には芳文社のエースだと思っている大乃元初奈の代表作。
おそらくこの巻で新キャラクターが追加されると思う。
ちょっと初期のころの切れ味はなくなったような気がする。
が、それでもキャラクタ設定がうまくできてるので長続きはしそうです。

> 夏乃ごーいんぐ 2 [たかの宗美] 600

最近、すごいペースで量産しています。スタイル的にはちょっと古い面があります。
主人公以外のキャラがほとんど立っていないので、どこまでパワーを維持できるか。

> ひがわり娘 4 [小坂俊史] 600

「よんコマ王子」小坂俊史の作品。毎回シチュエーションが変わるんですが、
一回の作品としてそのシチュエーションを生かしたオチがうまく決まるあたりに、
この作者の力量を感じさせます。お勧め。

> りんごの木の下っこで??初恋?? [ふじのはるか] 600

「むきたまごビューティ」からのスピンオフ作品。
「むきたまごビューティ」自身が「派遣社員松島喜久治」からのスピンオフなので、
孫的作品です。
これは、どちらかというとストーリー4コマに分類される作品です。
過去の話なので結末はある程度見えてるのだけど、うまく1巻で収まってます。(のはず)

>6・4coinsアクションオリジナル 〈双葉社〉
> 特選かりあげクン 感情を顔へ出さずに即行動!!編
> [植田まさし] 400

たぶん、アンソロジーな再販本。

>12・アクションコミックスもえよん 〈双葉社〉
> ぽてまよ 1 [御形屋はるか] 860

もえよんは読んでないのでコメント不能。
もともと美少女漫画系の作者さんです。

> 男爵校長 1 [OYSTER] 860

もえよんは読んでないのでコメント不能。

>27・まんがタイムKRコミックス 〈芳文社〉
> 帝立第13軍学校歩兵科異常アリ!? 1 [石田あきら] 860

きららCaratは読んでないのでコメント不能。

>28・アクションコミックス 〈双葉社〉
> 子連れ☆おおがみ 1 [関根亮子] 650

やはり、これも萌え系に入るのか?
マンガタウンオリジナル連載作品。
毎回の衣装が結構楽しいです。

>30・ぶんか社コミックス 〈ぶんか社〉
> 本当にあった笑える話 なぐさめてあげるッ編 2
> [桜木さゆみ] 680

投稿系4コマ誌での連載が多い作品ではあるが、これは完全オリジナル。
日記系4コマに近いが、「中野さん」のキャラクターの強烈さが印象強いです。

> 性別が、ない! [新井祥] 780

これも、日記系4コマか。
元風俗嬢な作者が半陰陽であったことから始まる話ですが、
一歩間違えるとすごく深刻な話になるはずが結構面白い話に仕上がってます。
posted by ikutana at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

4コマまんが プレレビュー (2005/08)

2005年8月に発売される4コママンガについてのプレレビュー
*アンソロジーは入ってません。
*4コママンガがメインの作品を扱います。一部だけ4コママンガの形式を取るものは
基本的には入っていません。
*漏れがある可能性があります。
*個人的な感想コミですので、気を悪くしないでください。

>3・まんがタイムコミックス 〈芳文社〉
> ラディカル・ホスピタル 9 [ひらのあゆ] 600

個人的には、芳文社系トップエースの一人だと思う。まんがタイムオリジナルの
表紙でおなじみ。
軽妙な会話の掛け合いが売りですが、それだけでなく絵柄もよし、キャラクタの立て
方もよしと、一押しだったりします。
ただ、今連載中の作品の中では本作品しか目立たないですね。

> サクラ町さいず 2 [松田円] 600

はつみタンもえ?? というのは置いておいて(w
ちょっと描線が硬いような気はするものの、これも絵柄はいいです。
ちょっと地味な作品ですが、良作だと思います。

> あなたが主役になった時 1 [松山花子] 600

後述の「やさしくしないで」が目立ちます。
本作品のような主人公無しのスタイルというのはネタ勝負なのでなかなか
難易度が高いのですが、わりと笑える作品です。
堀田かつひこ「ささくれーしょん」をもっと洗練した感じという表現が
ぴったり来るのかもしれません。

>6・バンブーコミックス 〈竹書房〉
> やさしくしないで! 2 [松山花子] 620

松山花子先生今月2冊目の単行本
裏目という言葉が非常に似合う作品。
ワンパターンになりそうなテーマなんですが、わりときっちりネタ作ってあります。
ただ、主人公以外のキャラクターはちょっと中途半端かも。

>17・ヤングマガジンKC 〈講談社〉
> 妹は思春期 6 [氏家ト全] 504

ヤンマガ連載ということで、殆ど読んでないです。
下ネタ苦手な人にはあんまりオススメできないかも。あと、妹萌えでもないです。
って、否定的なことばっかり書いてるな...

>17・バンブーコミックス 〈竹書房〉
> マツイ日記は知っている!MAJOR 3 [荒木ひとし] 620

今は亡き「まんがパロ野球ニュース」の頃からの作品。長いといえば長いです。
松井秀喜(ヤンキース)をネタにした4コマ漫画です。
今でも、旧作(マツイ日記は知っている!)に出てくる読売の選手も出てきます。
ネタはわりと作りこまれている感じ。

>26・カドカワコミックスAエース 〈角川書店〉
> 機動戦士ガンダムさん [大和田秀樹] 567

ガンダムエースのお笑い担当。
ガンダムエース連載の作品をちょっと読んだだけなので、それだけ。

>27・バンブーコミックス 〈竹書房〉
> ふぁんきーサーバント 2 [桜沢鈴] 620

「公務員モノ」。
もともと少女漫画出身だそうで、4コマっぽくない絵柄です。
わりと安定して楽しめると思います。

> あぼばクリニック 1 [藤島じゅん] 680

デフォルメがかなり強いです。好き嫌いはちょっと分かれるかもしれません。
シチュエーションコメディ的な設定が得意な作者さんで、本作も良作だと思います。

> バール横丁奇譚 1 [胡桃ちの] 680

胡桃ちのの作品にしては珍しく大阪ネタはあんまりありません。
タイムスリップネタだと思うのですが、まだ作品では全貌が見えてきません。
ちょっと謎が多い作品。

>27・アクションコミックス 〈双葉社〉
> はるうらら 1 [たかまつやよい] 680

4コマらしさとかわいさの同居したいい感じの絵柄の人だと思います。
(二人組みですので、「人」という書き方が正しいかは疑問ですが。)
この作品はなんといっても「社長」のキャラクタに尽きると思います。
ある意味、主人公は(タイトルについてる)うららよりも社長なのかもしれません。

>27・まんがタイムKRコミックス 〈芳文社〉
> かみさまのいうとおり! 2 [湖西晶] 860

本作品は読んでないです。ラブリーで連載されている「お湯屋へようこそ」は
わりと毎月楽しみにしているのですが。きららコミックスですから、いうまでも
ありませんが、絵はかわいい感じです。

> ひなめいど [里美いちか] 860

すみません。コメントできません。

>29・ジェッツコミックス 〈白泉社〉
> のの美捜査中! 2 [重野なおき] 610

多くの連載を抱える作者の、初めての4コマ誌以外の作品。
ってすみません。これも読んでないです。

>29・まんがタイムマイパルコミックス 〈芳文社〉
> 特選コボちゃん 7 [植田まさし] 500

たぶん、再販本だと思います。
古いタイプの4コマまんがでは、「見立て」というのが重要だと思いますが、
最近、ちょっとムチャな見立てが増えてきたんじゃないかなぁ、という気がしてます。
植田まさし先生もそうですが、なによりも松田まさお先生に強く感じますが。


#4コマ誌以外と、萌え系4コマ誌については誰かフォローください。
posted by ikutana at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする